「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆「海難1890」ワールドプレミア☆

こんにちは♪

 

早速ですが、前回の記事でもお話しさせていただいた通り、昨日国際フォーラムで行われた「海難1890 ワールドプレミア 」にお手伝いとして参加してきました!

 

私たちは、とても嬉しいことにマスコミ担当の方々のアシスタントという、一つの重大な役割を頂いたので、まずはマスコミ専用受付で資料配布を行いました。

こちらがその様子です!(笑顔ですが必死に配布しています。。。)

 f:id:kainan1890:20151202165514p:plain


また、マスコミや関係者以外の方は直接見ることが出来ないコメント出しを間近で見ることができ、リハーサルの様子も見学させていただきました。初めて体験する場の雰囲気に圧倒されてばかりでした(;_:)


 f:id:kainan1890:20151202165530p:plain

(コメント出し準備の様子。本番は舞台の上に監督さんやキャストさんが立ち、コメントを頂きます。)


リハーサルでは、舞台の基本的な仕組みや、キャストはどこから入ってきて、キャストさんの立ち位置に対してスチール(静止画を撮影するカメラ)はどこのポジションを良いとするのか等についても詳しく教えてくださり、舞台関係に関して無知な私達にとって、とても良い勉強になりました。


無事にコメント出しやリハーサルが終わり、舞台挨拶へと移ります。

 

f:id:kainan1890:20151202170753p:plain

(舞台挨拶の様子。今回は特別にマスコミ側に立ち、写真を撮らせていただいたのですが、周りのマスコミに負けじと必死に撮っていたので、フォルダがこの写真でいっぱいになりました♪(笑))

 

そして舞台挨拶の後は、映画本編鑑賞をさせていただきました。


映画を観たのは今回で2回目になりますが、またもや2人して泣いてしまいました・・・

そしてふと斜め後ろに座っている方達を見ると、ハンカチで涙を拭いている方や、メガネを外し目頭を押さえながら見ている方がたくさんいて、私が初めてこの映画を観た際に感じた思いを、今同じように感じてくださっているのかなと思うと、なんだか会場にいるお客さんと気持ちが一つになった気がしました。そして、トルコと日本の友情を知って下さった人が増えたことが素直に嬉しかったです。今日映画を観て下さった方が、家族や友達等にトルコと日本のエピソードや、自分が感じた思いを話してくださり、色々な人達へ繋がっていけば良いなと思います。

  

しかし、この試写の会場を見渡してみると、関係者が多かったということもありますが、若い方があまり見受けられなかった気がしました(+_+)5日の公開日にも私たちは劇場へ足を運び様子を見に行く予定なのですが、若い方もたくさん見に来て下さっていると嬉しいです。そのためにも、この私達がブログ等や活動を通して広めていかなければいけないと改めて感じました(;_:)

 

f:id:kainan1890:20151202172059p:plain

(イラン・テヘラン邦人救出劇の際にCAとして救援機に乗っていた方を含むターキッシュエアラインズの皆様との記念撮影)

 

自分たちの危険を顧みず、決死な覚悟で日本人を助けに来て下さった方とこのようにお会いすることが出来てとても嬉しかったです。その思いと同時に、私たちが衝撃を受けた遠い昔の出来事に関わっていた方が長い時を経て今自分たちの目の前にいるということが不思議で感慨深くなりました・・・

 

昨日一日を通して、たくさんのことを学び、仕事の大変さを身に染みて感じました。大学2年生でこのような貴重な体験が出来たことを嬉しく思います。まだまだ未熟な私たち学生を、この大きなプロジェクトに関わらせてくださったことに感謝します。自分自身、またトルコ班の一員として、この経験や得たものを今後の活動に生かしていきたいです。

 

伝えたいことが沢山ありまだまだ書き足りないところですが、最後まで読んで下さりありがとうございました(泣)

 

明日は元木が本作品の詳しいレポートを更新する予定なので楽しみにしていてください!

 

 

山田