「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆マスコミ用試写会レポート☆

こんばんは!本日は寒くても暑くても元気いっぱいの元木がブログをお届けします(^o^)

 

前回は我が相方の山田がワールドプレミアについて色々説明してくれましたが、山田がこんなに熱い想いを持っていることは知りませんでした!(笑)私も前回の記事を読んで、改めて「トルコと日本の絆」の深さを実感し私たちにできることを精一杯やっていこうと思いました。

 

 

※山田さんはいつもニコニコしていて人当たりがよく、あまり自分の感情を出さないので…(笑)

 

さて!本日はついに今週末に公開が迫っている『海難1890』についてレポートしちゃいます!実は公開に先駆けて、10月30日に東映さんの本社で本作品を見てきました。初めて東映さんにお伺いするということと、海難1890を早く観たいという緊張とわくわくで大学を出発した時からトルコ班2人でそわそわしていました。

 

     f:id:kainan1890:20151203205626j:plain

 

 

実際に東映さんの本社は銀座にあり、地下鉄銀座駅C6出口からが一番近いです。こちら本社の隣は映画館となっており、様々な映画が公開されているので、気になった方は是非一度訪れてみてください♪周りにはプランタン銀座や、ルミネ有楽町などお買いものをする場所もあるので、デートスポットにもお勧めです!(笑)

 

f:id:kainan1890:20151203205700j:plain

 

そんなこんなで本社に到着したのですが、この日はマスコミ用試写会の最終日だったこともあり、場内は混み合っていて席の空きはほぼ無い状態(*_*)しかしトルコ班も負けていられません、スクリーン最前の席を山田と確保!2時間12分みっちり観てきました。

 

上映後の私は泣きすぎて、エンドロールでは抜け殻状態でした。

 

 

登場人物に感情移入をして涙は勿論、「人を想う気持ちは国を超えて人を守ることができる」、「強く想うことで人を動かすことができる」「この話をもっと色んな人に知ってもらって、感動を伝えていくべきだ」「もっと私たちができる身近なところから広めていこう」本作を通して、トルコと日本から歴史のことだけでなく、忘れかけていた“人”と大事なことがたくさん学べたと思います。

 

この涙、感動の意味は映画を見ることによって分かると思います。自分を犠牲にしてまで他人を守る強さを、人と人との繋がりの大切さを是非感じてみてください!

 

 

映画「海難1890」公開まで残り2日!!

 

元木