「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆謎のおじさんキャラクター・ホジャ☆

 

 

こんにちは!本日は街でクリスマスソングが流れていることが嬉しい元木が更新します(^o^)

 

 

特に何かあるわけでもないのですが、クリスマスの暖かい雰囲気やイルミネーションを見て癒されています。トルコ大使館文化部ユヌス・エムレインスティトゥートは、東京タワーが目の前にある場所につい最近お引っ越しをしたのですが、打ち合わせの帰りは山田と二人でぼーっと眺めている時間が好きです。(早く学校に帰って打ち合わせのまとめをすることが正解です。笑)

 

 

さて!前回のブログ記事では私たちの活動であるトルココーヒーの試飲イベントについて山田が更新してくれましたね。本日は記事の中で登場した「謎のおじさん」についてレポートしちゃいます!

 

 

 

実はこの謎のおじさんキャラクターがいて、私たちトルコ班が成り立っているといっても過言ではないぐらい、重要な鍵となっているのです!

 

f:id:kainan1890:20151209182940j:plain

 

 

 

2012年トルコ大使館文化部ユヌス・エムレインスティトゥートから「トルコの観光や文化を日本向けにもっと発信できる様な映像コンテンツを作りたい」と依頼を受け、本学文京学院大学のコンテンツ多言語知財化センターは立ち上がりました!このセンターでは、経営学部、外国語学部の学生を対象にコンテンツ制作、プロデュース教育を行います。プログラム内容は、CG・ビジュアルコンテンツ領域、コンテンツMDプロデュース領域、コンテンツ多言語化領域の3分野からなり、学生は、所属する学部や専攻の体系的な学習の上に、多言語コンテンツMDプロデュース教育を受けることができます。(詳しくは「文京学院大学 知財化」検索!)

 

 

どうしたらトルコの観光や文化にもっと興味を持ってもらえるか、どうしたら理解に繋がるのか、制作を担当した学生(あとで出て来ます)が悩んだ末に出した答えは「キャラクターアニメーション」でした。アニメ向け人格化、キャラクター化により、上手に魅力的なキャラクターが設計できれば、そのキャラクターを通じて視聴者を作品に誘因し、そのままトルコの認知や文化の理解に繋げられると考えたのです。

 

 

そこでモデルとなったのがトルコ民話の主人公である「ナスレッディン・ホジャ」です!滑稽で頓知の効いたエピソードの多さや、地域的にも時間的にも極めて広範囲に認知されているということからその人格がたくさんの人に愛されていると考え、主人公は「ナスレッディン・ホジャ」に決定しました。もちろん他にもキャラクター化の候補はいました。「ユヌス・エムレ」というトルコ文学の歴史の中でも最も偉大な詩人や、「カラギョズ」というトルコの影絵人形劇、「ワン猫」というトルコ原産の珍しい猫の品種だったり・・・。しかしトルコの魅力をたくさんの人に知ってもらう為には「ホジャ」が一番相応しいという結果になったのです。

 

 

 f:id:kainan1890:20151209173419j:plain

 

 

 

改めまして、この謎のおじさんは「ナスレッディン・ホジャ」です(^o^)

 

 

 

  f:id:kainan1890:20151209173426j:plain

 

 

ぷりっとしたお尻に、ふわふわの髭、みんなから愛されるように願って描かれたもので、今では文京学院大学の宝物であり、トルコ班と大使館を繋いでくれる家族のような存在になりました。愛着が湧いてくるということはこういうことなのですね!

 

 

そんなホジャを描いてくれたお母さんは大川美緒さん(2015年文京学院大学卒業)です。既に卒業されてしまったのですが、私たち二人にとっても、大川さんはトルコ班のお母さんだと思っています。

 

 

そんなお母さんが不在になってしまい、どうしよう(*_*)と困っていたトルコ班の前に、新しいお母さんがやって来ました。本年度ホジャ制作を担当する文京学院大学経営学部3年佐藤真由美さんです。

 

 

 f:id:kainan1890:20151209174013j:plain

 

 

 

 

ブログ出演をお願いしたところ諸事情によりNGということで、この場では似顔絵でご紹介させていただきます!(こちらの似顔絵も佐藤さん作)趣味はイラストを描くことで、キャラクター等のイラストを描くことが好きという佐藤さん。忙しい日々の合間でホジャを描いてくださり、立派なトルコ班のお母さんです。大川さんや佐藤さんがいなければ、私たちは活動できなかったと思います。無茶な要望や期日にもしっかりと対応してもらい、トルコ班が今こんな風にブログを書けるのも、こういった人々がいてくれるお蔭なのです。改めて感謝を伝え、今後も共に頑張っていこうと思います(;_;)

 

 

このホジャが、後に文京学院とトルコ大使館文化部ユヌス・エムレインスティトゥートとの絆を強くしてくれます。アニメーションは勿論、その他も大活躍のホジャ!詳しくは明日の記事で詳しい活動内容を更新予定なので要チェック!

 

 

映画「海難1890」絶賛上映中!!全国300館以上で公開しています(^o^)

時を超えてつながる絆、大事なあの人と一緒に「真心」を感じてみてはいかがですか?

 

海難1890オフィシャルホームページ http://www.kainan1890.jp/

 

元木