「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆これを読めば間違いなし!「歴史街道」☆

メリークリスマスイヴ! 本日は読書が大好きな元木が更新します(^o^)

 

「本読むの!?」なんて驚かれることも多いのですが(どういう意味なんだろう…笑)実は中学1年生の頃から東野圭吾さんの大ファン で、「幻夜」(文庫本とは思えない厚さの779ページ)を読 み終えたときは結末に興奮して、友人に電話したことを覚えています。東野さんの魅力は何時間でも語れるのですが、最大の魅力は 読みやすさ(文章構成が上手)は勿論なのですが、人の「闇」の部分を鮮明 に描き上げるところです。誰しもが持つはずの「闇」を素直に書き、読者に共感を与える作家さんです。

 

※ 元木は現在、闇を抱えているわけではありません(笑)

 

また、昨日は 天皇誕生日でしたが、本日はケナン・エジェさんのお誕生日でしたね(^o^)

いやー、イヴという素敵な日にケナンさんが誕生されたのは納得です!本当にかっこいい…。

 

さて、前置きが長くなりましたが(クリスマスイヴでテンションが高めです)、本日は「エルトゥールル号海難事故」のことや「テヘラン邦人救出」のことが詳しく書かれている「歴史街道」という本についてレポートしちゃいます!

 

そもそも「歴史街道」とは、現代からの視点で日本や外国の歴史を取り上げ、今を生きる私たちのために「活かせる歴史」「楽しい歴史」をビ ジュアルでカラフルな誌面とともに提供しているものです。「新しいタイプの歴史雑誌」とも言われているそうで…(^o^)

 

昔から歴史が苦手な私には凄く有難い雑誌です。なんせ物語もきちんと頭に入って、絵や写真が楽しめるので、歴史の勉強をしている感覚はほぼ0!中学生の時に出会いたかった1冊でもあります。

 

元々この雑誌をトルコ班に紹介してくれた方がいて、その方のおかげで私と山田はトルコと日本についての知識を深めることができたと思います。その方とは、プロゴルファーの中嶋千尋さんです。トルコ班の2人はプロゴルファーの方とも面識があるの!?と驚く方もいらっしゃると思いますが、そうです!

 

f:id:kainan1890:20151223133858p:plain

 

中嶋千尋さんもまた、トルコと日本の友情に対して強い想いを抱いている方で、トルコ班を応援してくれています。そしてこの雑誌は中嶋千尋さんからいただいた、トルコ班の原点ともいえるものです!写真に写る「頑張っぺー♪」の文字は、中嶋千尋さんからトルコ班に向けたメッセージとなっているのですが、こちらを見るたびに、支えられていることの有難さや、人との繋がりの大切さを実感します。本当にトルコ班は周りの方々に恵まれている…(/_;)

 

 

話を戻しまして、本誌の内容としては、実際にテヘランから救出された方の当時の詳しい心境や写真も掲載されています。勿論、沼田さんのコメントと写真も本誌に掲載されているので、気になった方は是非本屋さんへ行ってみてください♪

 

 

f:id:kainan1890:20151223133912p:plain

 

また、私自身「海難1890」に加え、本 誌を読んで更に当時のことが想像できました。自分があの時テヘランにいたらと考えると、茫然とすることしかできないです。しかし、沼田さんを始め、救援機で救出された方々は、いつどうなるか分からない環境 でも力強く生きようと思った、そこから命を預ける航空チケットを求め、行動を起こした…。本誌からは「トルコと日本の友情」だけでなく、「本当にピンチになったときの人間の強さ」まで、まるで自分がその場にいる 様に感じることができました。映画や文章などコンテンツの力ってスゴいですね、このように気持ちや雰囲気を伝えることができるんですね(;_;)

 

 

もうすぐこのブログも終わりを迎えようとしているのですが、「トルコと日本の友情」の中に、「人の強さ」を感じることが多々あります。その強さは「本気で何かを想うからこそ強くなるもの」だと私は学びました。

 

歴史街道」を読んでトルコと日本の関係について、更に知識を増やしていっていただけたらと思います!

 

 

映画「海難1890」絶賛上映中!!全国300館以上で公開 しています(^o^)

時 を超えてつながる絆、大事なあの人と一緒に「真心」を感じてみてはいかがですか?

 

海難1890オフィシャル ホームページhttp://www.kainan1890.jp/

 

 

元木