「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆明けましておめでとうございます☆

新年明けましておめでとうございます(^◇^)          

 

短期間ではありますが、本年も引き続きご愛読を宜しくお願い致します。

 

本日、新年初めの投稿はハタチになったばかりの山田が担当します♪

 

皆さん、お正月はいかがお過ごしですか?

お正月は良いですね~♪お家でのんびりできて、美味しいもの食べて、お買い物して、私は幸せです!(笑)

そして今年は申年ですね☆サルと言えば昨日、親戚が「真由ちゃんも生まれた時、あんなに小さくて可愛かったのにな~もう大人の仲間入りか~」と言うと、母がすかさず「可愛いというか猿にしか見えなかったよねえ~?」と皆爆笑。

サル・・・( ;∀;)

申年の今年は、サルとして生きていきます(笑)

f:id:kainan1890:20160104175241j:plain

さて、日本のお正月と言えば、初詣、おせち料理鏡餅、年越しそば、お年玉、年賀状、紅白歌合戦(今年は白組が勝ちましたね♪)などが思い浮かびますよね(^◇^)年末年始の休みは一般的に6~9日くらいで、帰省したり旅行へ行く人もいると思います。

日本のお正月はこれが当たり前になっていますが、トルコのお正月はどのように過ごすのでしょうか。

 

トルコでは12月31日の午後から1月1日のたった2日間がお正月休みで、1月2日からは平常通り仕事が始まります(´・ω・`)

そして「正月料理」というものは特に無く、七面鳥に具材を詰めて丸焼きにしたものを食べたり、家族や友達と少し豪華なディナーをして過ごす様です。(七面鳥と聞くとクリスマスが思い浮かびますが・・・)

また驚くことに、12月31日にクリスマスのお祝いをしたり、プレゼントの交換をするのだそうです!大晦日の町中にサンタクロースが出現することも珍しくはないとのこと(‘Д’)(ちなみにサンタクロースの発祥地はトルコです♪)

 

「トルコのお正月」ついていろいろと調べてみましたが、トルコの人々には日本と比べて「お正月」という概念がない気がしました(/・ω・)/これが文化の違いですね~。

 

しかし何か共通点はないのかなと思っていると、日本でいう年末ジャンボ宝くじのよう

なものがトルコにもあることを発見しました(´◉◞౪◟◉)12月31日に抽選が行われ、

なんと一等賞金は5000万リラ、日本円で約25億円!!!まさかトルコに宝くじがあるなんて思ってもみませんでした!(^^)!

それに賞金額が日本よりも多くてびっくりです!欲しい・・(笑)

 日本のお正月も良いですが、海外でお正月を過ごすというのもありかもしれませんね♪

 

前置きが長くなってしまいましたが本題に入ります♪

年内最後の記事でもお話ししましたが、12月25日トルコで「海難1890」が公開され、大変大きな反響がありました。

 

ボックス・オフィス・トルコによると、公開初日からの3日間の興行収入は109万リラ、日本円で約1億3000万円と驚きの数字を記録し、たったの3日間で、9万3000人以上もの人々に鑑賞されたそうです!

この数字を見ただけでも、本作がどれだけトルコの方々に注目を浴びているのかがわかります。

 

映画を鑑賞したトルコの方々からは、

 

「本当に素晴らしい作品だと思います。」

「とても感動しました。」

「以前より、東洋に興味がありましたが、この映画をきっかけになり、日本への興味が更に生まれました。」

「この映画を作ったスタッフ・キャストに感謝します。」

 

と絶賛の声が上がり、映画を通して両国の絆が更に深まった気がしました。

トルコの小学5年生の教科書には、「エルトゥールル号遭難事件」が載っており、この出来事を知っているトルコ人は多いとは思いますが、中には知らない人もいると思います。映画公開を機に、さらに沢山のトルコの方々にも知って頂きたいですね(^◇^)

 

また本作は、トルコで300スクリーンでの上映が決まっており、邦画でここまで大規模な公開は初めてということで今後の反響もとても気になります。

 

「海難1890」は日本でもまだまだ上映していますよ♪

安倍総理は1月1日、昭恵夫人や母親の洋子さんらと本作を鑑賞されたそうですね。 

私の親戚も観に行ったそうなのですが、既にパンフレットが完売していたそうです!一度この映画を観ると、もっと詳しく内容を知りたくなるんですよね~。気になった方、まだ間に合います!是非、映画館へ足を運んで見てください(^_-)  

 

 

こちらも要チェック♪

映画「海難1890」

http://www.kainan1890.jp/

 

山田