「海難1890」応援ブログ

「海難1890」の公開を祝して応援ブログを開設しました!映画に関する情報は勿論のこと、私たちのトルコ班の活動まで、約1ヶ月間更新する予定です。是非、ご愛読宜しくお願い致します!

☆トルコと日本からみる「真心」について☆

こんにちは!本日は初詣に行き大吉を引いてご機嫌の元木が更新します(^o^)

 

改めまして、あけましておめでとうございます!1月6日ということで既にお仕事が始まっているという方がほとんどと思うのですが、私も昨日は学校に行ってゼミ活動を行ってきました。朝9時集合だったのですが、お母さんに起こしてもらい1番乗りで教室に到着!みんなの顔を見るのは約2週間ぶりでしたが、やっぱり学校にいる時間が楽しくて幸せです☆

 

さて!昨日で「海難1890」が公開してちょうど1ヶ月が経ちますが、映画公開が延長になり丸の内TOEIでは15日まで上演しています♪ 忙しくてまだ見れてないよ(´・ω・`)という方はお早めに劇場へ!

 

 

 

思えばこの1ヶ月「海難1890」に携わることができ、本当に貴重な経験をさせていただきました。この作品に出会えたことで、人として大事なことを再度思い出すことができ、人との繋がりの深さを改めて実感することができました。ずっと受け継がれるべき作品であり、生涯忘れられない作品にもなりました。この作品を通して得たものは数えきれないです。だからこそ、本作品・ブログが終了しても皆さんには「人を強く想う気持ちの大切さ」だけは忘れないでほしいです。

 

 

さて!本日はトルコと日本からみる「真心」についてレポートしちゃいます!今回、記事を書くにあたり以前このブログにも登場した中嶋千尋さんにご協力をいただきました。

 

 

中嶋千尋さんの職業はプロゴルファーですが、トルコと日本の友好関係について非常に関心をお持ちで、「世界中の教科書に、他国の良い情報が当たり前に載る様になったら良い」と話されていました。そんな中嶋さんは2013年にスポーツニッポン新聞社様が企画したトルコ視察団の活動に参加しました。両国国旗をネイルして視察に臨んだ際には、本当に喜んでいただけたそうです。

 

 

f:id:kainan1890:20160105115445p:plain

 (トルコ視察団の活動を伝えるトルコ英字紙です。左上の写真は、当時視察団団長の藤原健常務とターキッシュエアラインズのアンタリア支店長。真ん中の写真は視察団の方々。右下の写真は視察団に加わったプロゴルファーの中嶋千尋さん。)

 

 

「自分たちの命の危険も顧みず、絶対絶命だった沢山の日本人を救ったトルコに感動しました。利害関係など無縁でお互いを思いやることのできる国と国の関係は暖かく、理想ですね。」中嶋さんはトルコと日本の歴史から、100年、200年後、その先の出会うはずもない人のことも考えて行動することは大切だと実感できたそうです。

 

 

f:id:kainan1890:20160105115607p:plain

(上の写真はトルコのゴルフ場のオーナーや実業家の方々で、視察団を歓迎して晩餐会を開いてくれたそうです。)

 

また、トルコの街にいる猫や犬は人間が大好きのようで、ゆったりと暮らしているそうです。郊外だけでなく、人がたくさんいる観光地でも同じ。よほど人間を信用していることが分かり、大切にされていると感じたと話してくれました。言われてみると、東京で猫や犬が歩いている姿はあまり見ませんよね。こういったところからトルコ人の人間性を垣間見ることができ、とても嬉しくなったそうです。

 

 

中嶋さんは日本にトルコ人の親友がいると話します。「その人は、日本が好きで、健気にも日本の役に立つこと、人の心に触れる仕事がしたいと頑張っています。とても優秀な人だけど、たまにドジして一緒に笑ったり、悩んだり、喜んだり……。人と人は面白いです。なに人ではなく、人類みな地球人ですよ!」きっと中嶋さんがこのような気持ちになった背景には、トルコ人の親友の熱い想いがあったからだと思います。同時に、中嶋さんの強い想いが伝わってきて、改めて考えさせられる機会となりました。

 

 

あの国出身の人だから、この国は今こうだから……。そこから一体何が分かるのでしょうか。目の前にいる人にしっかりと向き合うことが大切です。誰かの想いに気付いたなら、その想いに応えたい、その気持ちが重要で、人の心を動かすことができると思います。

 

私たちができることは限らています。生まれも育ちも、今生きている環境もみんなバラバラです。しかし、現実を知ったうえでしっかりと受け止め、そこから人を強く想う気持ちこそが現代に欠けている部分であり、今後も必要とされるのではないでしょうか。

 

 

映画「海難1890」絶賛上映中!!全国300館以上で公開しています(^o^)

時を超えてつながる絆、大事なあの人と一緒に「真心」を感じてみてはいかがですか?

 

海難1890オフィシャルホームページ http://www.kainan1890.jp/

 

元木